ノンアルコールワインを楽しむ皆様に。

2018/1/29 posted

イタリアのピエモンテ州の地方料理8選

楽しむ・学ぶ

20180131493-00

ピエモンテはイタリアの州。そして、州都はあのトリノです。
トリノはイタリア第四の都市、日本で言えば、福岡市や仙台市と言えます。

201704-05-02

MELLOWでは、以前に「すぐ分かる「ピエモンテ」!ワインでよく聞く「ピエモンテ」って何?」

イタリアの最北西に位置するピエモンテは、最上の黒ブドウ品種のネッビオーロ、よく栽培されるバルベーラが有名です。ネッビオーロ品種で造られる「イタリアワインの王」と呼ばれるバローロ、「イタリアワインの女王」と称されるバルバレスコといったワインを生んでいるのも、ピエモンテです。

今回は、そんなピエモンテ州の地方料理をご紹介していきたいと思います。

カルネ・クルーダ・バットゥータ

20180131493-01

photo by spadelliamoinsieme on flickr

カルネ・クルーダ・バットゥータ(Carne Cruda Battuta)は、生の牛肉をきざんだタルタルになります。タルタルとは、フランス語の「生の」と言う言葉を意味します。

ペペローネ・リピエーノ

20180131493-02

photo by Cucina è Armonia on flickr

ペペローネ・リピエーノ(Peperone Ripieno)は、ツナやケッパー(ウチョウソウ科の落葉低木で香葉に用いられる)などを詰め物にしたピーマンになります。ピーマンはピエモンテ州の名産物です。

20180131493-03

photo by Teresa De Masi on flickr

上の写真のようなピーマンの詰め方もあります。包み込むピーマン自体に創意工夫を凝らすと、作る人によって、見た目が変わります。

ヴィテッロ・トンナート

20180131493-04

photo by Anna on flickr

ヴィテッロ・トンナート(Vitello Tonnato)は、仔牛の薄切りとツナのソースを合わせた料理です。

バーニャ・カウダ

20180131493-05

photo by yk-photo on flickr

日本でも食事の定番となったバーニャ・カウダ(Bagna Cauda)。バーニャ・カウダは、ニンニクやアンチョビーが入った熱いオリーブオイルのソースにスティック状に切った生野菜を浸して食べる料理です。

タヤリン

20180131493-06

photo by ettore on flickr

タヤリン(Tajarin)は、卵黄と小麦粉で作る細切りの手打ちパスタです。肉のラグーソースやバターとチーズで食べます。

アニョロッティ・デル・プリン

20180131493-07

photo by Blue moon in her eyes on flickr

アニョロッティ・デル・プリン(Agnolotti del Plin)は、肉の詰めものをした小ぶりのラヴィオリです。ラビオリは、小麦粉を練って作ったパスタ生地の間に、挽き肉やみじん切りにした野菜やチーズなどの食材を挟み、四角形に切り分けたパスタのことです。

20180131493-08

photo by GIROGUSTANDO on flickr

お洒落に盛り付けると、また見た目も華やかになりますね。

カルペ・イン・カルピオーネ

20180131493-09

photo by DONNA MODERNA

カルペ・イン・カルピオーネ(Carpe in Carpione)は鯉のマリネです。マリネとは、魚や肉を、香味料を加え酢・油に漬けた料理です。

ブラザート

20180131493-10

photo by Samu on flickr

ブラザート(Brasato)は、牛肉をタマネギ、ハーブ、赤ワインとともにマリネして、煮込んだ料理です。ブラザートとは、ふたをして弱火で長時間蒸し煮込みをする調理法を言います。

最後に

ピエモンテ州の料理を見てきましたが、バーニャ・カウダがあったことを初めて知った方もいるかと思います。日本でお馴染みとなっている料理のルーツを知ると、より料理に関して、理解が深まります。

ワインは現在の産地や原産地を大切な知識と捉える方もいますが、その視点を料理に向けてみると、面白い発見がたくさんあります。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

真のヌーボー!ボジョレーより安くておいしい!ガメイ・ヌーヴォーの詳細は以下のボタンをクリック

ガメイヌーボー

MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!

デュク・ドゥ・モンターニュ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ/750ml

カロリー / 
27kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。お酒が飲めない方や、妊娠・授乳中の方、ドライバーの方にも安心して楽しんでいただける商品です。

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ/750ml

カロリー / 
23kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや甘口
アルコール度数 / 
0.0%

本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。ロゼは、輝くようなサーモンピンクの愛らしい色合い。華やかなアロマの香りも豊かなエレガントな商品です。

ヴィンテンス・シャルドネ(白) 製品

ヴィンテンス・シャルドネ(白)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

ヴィンテンス・メルロー(赤) 製品

ヴィンテンス・メルロー(赤)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味 製品

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味/750ml

カロリー / 
30kcal (100mlあたり)
製造元 / 
STASSEN(スタッセン)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

緑豊かなベルギーの田園地帯で育てられたりんごを原料に作られたシードルを脱アルコールし、さらにみずみずしいもぎたてピーチの香りをつけた甘口のピーチ風味スパークリング です。

Thanks for your reading!