ノンアルコールワインを楽しむ皆様に。

   
2018/1/29 posted

フランスのロワール渓谷の地方料理8選

   

  楽しむ・学ぶ

 

20180129492-00

ロワール渓谷はワインだけでなく、その素晴らしい景観で世界中の人を魅了する地方となっています。

まず、一番の魅力はお城。なんとロワール渓谷には、およそ130もの城館が集まっています。

Chateau de Cheverny, one of the Loire Valley castles in France, the Loir-et-Cher department

2000年には、ロワール河流域の800㎞に渡る一地帯にある21の城館が、ユネスコ世界遺産に登録されました。

また、ロワールと言えば、フランス最大の川(河)、ロワール川です。その長さは、全長1012kmに及びます。

Panorama of Saumur on the Loire river in France, Maine-et-Loire department

ロワール渓谷のワインは、中流域から河口にかけてブドウ栽培地が広がっており、69のAOCがあります。AOCとは「原産地呼称」という意味で、きっちりとその土地で作りましたと名乗っていいように、厳格な基準を満たして作られたワインのことです。

ロワールは、、赤なら、グロロ、ガメ、カベルネ・フラン、マルベック、ピノ・ノワールなどが、白なら、シュナン・ブラン、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ムロン・ド・ブルゴーニュなど多種多様なブドウ品種が栽培され、白ワインから赤ワインまで様々な味わいを楽しめます。

それでは、今回はロワール渓谷の地方料理をピックアップしていきたいと思います。

ブロッシェ・オ・ブール・ナンテ

20180129492-03

photo by tot on marmiton

ブロッシェ・オ・ブール・ナンテ(Brochet au Beurre Nantais)は、カワカマスのナンテ風バターソース添えです。ブール・ナンテは、炒めたエシャロットを野菜のブイヨンと生クリーム、そして、バターを加えたソースになります。

ブロッシェ・オ・ブール・ナンテは、酸を感じられる辛口ミュスカデと合わせます。

リエット・ド・トゥール

20180129492-04

photo by ton

リエット・ド・トゥール(Rillettes de Tours)は豚肉を豚の脂でじっくり煮て、細かくほぐした料理になります。調理には白ワインも加えます。ワインは、ロワール川中流域にあるトゥーレーヌワインを合わせます。また、一般的な白や赤ワインもよく合います。

アスペルジュ・ソース・ムスリーヌ

20180129492-05

photo by tolist-e5pjTU-bV6Q9m-nsZE6g-nLa7mF-ec2f2K-dBR84m-n4imoi-nJXRyy-9gGRHA-cdaqDm-mQfEw7-nmVH1w-nxQL6Y-bFyjZ4″ target=”_blank”>yukari ishihara on flickr

アスペルジュ・ソース・ムスリーヌ(Asperges Sauce Mousseline)は、茹でたアスパラガスのソース・ムスリーヌ添えのことを指します。ソース・ムスリーヌは、オランデーズ(バターとレモン果汁を卵黄を使用して乳化し、塩と少量の黒コショウまたはカイエンペッパーで風味付けしたもの)に生クリームや卵白を加えたものになります。

ワインはロワール河中流に位置するソミュールの発泡性ワイン、同じくロワール河中流の人口3000人ほどの小さな地域ヴーヴレの発泡性ワインや半甘口ワインを合わせます。

フィレ・ミニヨン・オ・プリュー

20180129492-06

photo by tolist-qnybhd-bMCD2X-bMCD6t-byHYoq” target=”_blank”>totolao on flickr

フィレ・ミニヨン・オ・プリュー(Filet Mignon aux Pruneaux)は、牛フィレを焼いて、プリュノーと呼ばれる干しプラムを添えた料理です。

ワインは、ロワール河中流に位置するソミュールの上質な赤ワイン、同じくローワルのシノンで造られるカベルネ・フラン種の赤ワイン、シノンの対岸になるブルグイユの赤ワインを合わせます。

カルプ・ア・ラ・シャンボール

20180129492-07

photo by top/434448″ target=”_blank”>ste_victoire

カルプ・ア・ラ・シャンボール(Carpe a la Chambord)は、鯉のシャンボール風料理です。シャンボールとは、大型の魚を丸ごと蒸し煮することです。ワインはローワルのシノンで造られるカベルネ・フラン種の赤ワインなどと合わせます。

マトロット・ダンギーユ

20180129492-08

photo by Une Cuillerée Pour Papa

マトロット・ダンギーユ(Matelote d’Anguille)は筒切りにしたウナギを玉ねぎやセロリなどの野菜と赤ワインで煮込んだ料理になります。インはローワルのシノンで造られるカベルネ・フラン種の赤ワインなどと合わせます。

アンドゥイエット

20180129492-09

photo by tolist-8FyZNJ-iHbzFk-dSNa3G-h3HQtK-3YuHMT-c14XnG-e3o6g6-5ZpcnU-6ULV9G-6UGutK-2YfTbB-dKvvfA-8dzEdm-aguroR-6UGBdX-9cSDff-7yGXJ2-dCUcgS-Xx14kb-Yo36E8-6ULBLw-fUooC8-wkZqAE-HwLi1u-Y4fvnA-8Anebm-WWHzsC-e3tLV9-4d64N6-6Rntw3-nAaXZt-Y4rnf5-5EXk3H-YagAqs-e3qRAJ-EKazEN-WYHWCm-7HfSg3-oPB5Gg-48Saef-Rgj3rk-Y5bbdp-4Z2Y54-YbaYjn-otXaK8-4XjvtA-zZkXwD-rhcPbP-xN6RxZ-RXFiuT” target=”_blank”>Rob Bilson on flickr

アンドゥイエット(Andouillette)は、豚の内臓を詰めたソーセージです。グリルやソテーにしてマスタード、リンゴのぴゅれなどを一緒に食べます。ワインはロワール河中流の人口3000人ほどの小さな地域ヴーヴレのワインと合わせます。

タルト・タタン

20180129492-10

photo by

MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!

デュク・ドゥ・モンターニュ ブリュット
デュク・ドゥ・モンターニュ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ/750ml

カロリー / 
27kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。お酒が飲めない方や、妊娠・授乳中の方、ドライバーの方にも安心して楽しんでいただける商品です。

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ/750ml

カロリー / 
23kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや甘口
アルコール度数 / 
0.0%

本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。ロゼは、輝くようなサーモンピンクの愛らしい色合い。華やかなアロマの香りも豊かなエレガントな商品です。

ヴィンテンス・シャルドネ(白) 製品

ヴィンテンス・シャルドネ(白)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

ヴィンテンス・メルロー(赤) 製品

ヴィンテンス・メルロー(赤)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

Thanks for your reading!