ノンアルコールワインを楽しむ皆様に。

   
2021/3/5 posted

ママになる人が知っておきたい、アルコールの妊娠への影響

   

  妊娠、出産、妊活 楽しむ・学ぶ

 

Mellow Storeのお客様の中でも、大きな割合を占めているのが、妊娠中・授乳中のプレママ&ママさん達。
「ワインやビールは大好きだけど、生まれてくる赤ちゃんの為にはガマン」と、禁酒期間中にお酒代わりに楽しむためのノンアルコール商品をお買い上げ頂いています。

今回は、妊娠・授乳中のママ達はもちろん、将来妊娠する予定の女性、奥様やお嬢様が妊娠中・妊活中の旦那様・お父様お母様に向けて、なぜ妊娠・授乳時はアルコールを控えた方がいいのかまとめました。
また、授乳中はどのくらいなら飲んで平気なのか、そして、スマートなお酒の断り方、楽しい禁酒ライフの過ごし方など、妊娠・育児とアルコールの関係について広く取り上げます。

◇胎児性アルコール症候群とは?

そもそも、なぜ妊娠中にお酒を飲んではいけないのでしょうか?
妊娠中にお母さんが習慣的に大量の飲酒をすると、胎盤を通じてアルコールが赤ちゃんの体に入り、赤ちゃんの発育に様々な良くない影響をもたらします。これを「胎児性アルコール症候群」と呼びます。

胎児性アルコール症候群の子どもたち見られる傾向として、大きく次のようなものが挙げられます。
・特徴的な顔貌(黒目部分の大きい目。鼻と上唇の間が長く溝がない。上唇が薄く、ラインがまっすぐ、顎が小さいetc)
・発育不全。通常の子供の5-10%程度、身長や体重が小さい。
・脳や中枢神経の問題による、学習障害・知的障害・発達障害・記憶障害など
他にも、心臓疾患や、関節の形成異常、難聴、流産や早産として現れる場合もあります。

胎児性アルコール症候群には、どちらかというと妊娠初期のほうがリスクが高いといわれています。
というのも、妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が形成される重要な時期。妊娠12週頃までには赤ちゃんの形態や臓器はおおよそ完成するため、この時期に大量の飲酒による悪影響を受けると、顔面や臓器に深刻な奇形が出る可能性があります。
しかし、妊娠中期以降の飲酒であっても要注意です。
脳は妊娠期間を通じて発育をつづけるため、妊娠中期以降を過ぎてからの飲酒の場合は、特に脳や中枢神経の問題が起こりやすいと言われています。赤ちゃんが成長してから、ADHD(落ち着きがない・注意力散漫・学習障害)となったり、うつ病などの精神科的問題が引き起こされるリスクが高まるので注意が必要です。
なお、胎児性アルコール症候群はいったん発症してしまうと治療法がありません。ですので、お母さんは妊娠全期間を通じて、アルコールを避けるよう注意が必要です。

◇妊娠中、完全に禁酒しないとダメなの?

でも、「こんなにお酒が大好きなのに、妊娠から授乳終了まで、これから数年はお酒が飲めないなんて~」と残念に思うプレママさんも多いはず。やはり妊娠したら完全禁酒はマストなのでしょうか?

日本産婦人科医会は、一回のアルコール摂取量が90ml以上になると、奇形や胎児性アルコール症候群の発生が高くなるが、一回15ml未満の少量のアルコール摂取に関しては胎児に影響は少ないとの意見を示しています。
しかし、安全な飲酒量には明確な基準が存在せず、また、アルコールの影響には個人の差が大きく、少量であっても赤ちゃんに影響を及ぼす可能性は否定できないため、やはり、妊娠が判明した場合はすぐに禁酒するのが無難です。
定期的に飲酒の習慣がある女性であれば、万一を考えて、妊娠したいと考え始めたら、同時に禁酒を始めるのがよいでしょう。

◇妊娠中、もしお酒を飲んでしまったら?!

では、妊娠中にアルコールをごく少量摂取してしまった場合や、妊娠に気づかずお酒を飲んでしまった場合はどうでしょうか?
一般的に、胎児性アルコール症候群を発症した赤ちゃんは、大量のアルコールを常習的に摂取しているお母さんから生まれています。
なので、お酒入りの洋菓子を食べてしまった、料理にお酒やみりんを使用した程度のアルコール摂取であれば心配しなくても大丈夫です。
また、妊娠に気が付く前に、会社の飲み会や結婚式などでお酒を少量飲んでしまったなどの「機会飲酒」のケースも、過剰に心配する必要はありません。

では、「妊娠が分かるまで、定期的にお酒を飲んでいたので大丈夫かしら・・・」というプレママさんの場合はどうでしょうか?
通常、妊娠に気づくのは生理の予定日が過ぎてからが多いと思いますが、それまでの時期に、仮に飲酒によって胎児に影響があった場合は流産となるため、妊娠に気が付くことはありません。
ですので、一般的には、妊娠に気が付いた後にすぐ飲酒を控えれば、赤ちゃんへの悪影響は心配しなくても良いといわれています。心配な方は、念のためかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。

◇授乳へのお酒の影響は?

妊娠中のアルコール摂取は厳禁とされていますが、それでは、出産後はどうなのでしょうか?授乳へのアルコールの影響についてみてみましょう。

母乳は血液を材料に作られますので、お母さんがアルコールを摂取すると、血液中に取り込まれたアルコールはすみやかに母乳に移行します。
なんと、母乳中のアルコール濃度は、母親の血液中のアルコール濃度とほぼ同じになってしまうことが、調査によって明らかになっています。
また、体内にアルコールが残存している限り母乳にアルコールは出続けるため、酔ったお母さんの母乳を飲んだ赤ちゃんはお酒を飲んだのと同じ状態になります。
しかし、赤ちゃんの肝臓はまだ未発達。アルコールを摂取しても速やかに体外に排出することができません。そのため、体内に残ったアルコールが赤ちゃんの発達を阻害して低身長・低体重などの発育障害を引き起こしたり、脳・中枢神経の発達に悪影響を与えることにより、将来的に記憶障害・学習障害などが現れる可能性があります。

また、アルコールは母乳の味にも影響を与えるといわれています。お酒を飲んだ後のお母さんの母乳は酸味が強くなり、赤ちゃんが飲んでくれないことも多く、それによって赤ちゃんの栄養状態が悪くなってしまう心配があります。
このように、赤ちゃんの健康を考えると、授乳期間もなるべくお酒は避けるのが無難ですね。

◇授乳中、どうしてもお酒が飲みたい場合はどうすればいい?

しかし、お酒が大好きな女性にとっては、お酒を我慢し続けるストレスはとても大きなもの。
そこで、授乳時期に飲酒するのポイントを考えてみましょう。

授乳中にお酒を飲む場合、考えなければならないのはタイミングです。
ここで、アルコールの分解に要する時間を考えてみましょう。
アルコールの分解時間は摂取量によって異なります。一般的には、体重52キロの女性の場合、アルコールの分解に要する時間は、ビール350ml缶1本ならば2.5時間程度、ワイングラス1杯(120ml)なら2時間程度となります。また、摂取量が増えるにつれて分解に要する時間は比例的に長くなります。
ですので、授乳中だけれど、どうしてもお酒が飲みたいという場合、まず量をビール1缶やワイングラス1杯程度などなるべく少量にとどめ、さらに、飲酒から授乳まで、3時間程度時間を空けることができれば、理論上は授乳しても差し支えありません。
「授乳中だからお酒が飲めない・・・」とガッカリしていた方も、このように考えると、すこし気が楽になりますね。

ただし、アルコールの摂取は、母乳を生成するホルモン「プロラクチン」の分泌に悪影響を与えるといわれています。プロラクチンの不足で母乳が出にくくならないよう、飲みすぎには要注意です!

◇スマートなお酒の断り方は?

さて、妊娠・授乳に与えるお酒の影響を見てみたところで、「妊娠してるのでお酒は飲みたくない。でも、まだ妊娠初期で周囲には秘密にしてるから、どうやって断ろう・・・?」とお悩みのプレママの方もいらっしゃると思います。
そんな時の、不自然でないスマートな断り方を集めてみました。

・「体調が悪くって・・・」
「頭が痛いから」「口内炎にしみるから」「今日は薬を飲んでいるのでお酒が飲めない」など、体調を理由にした断り方は鉄板です。
他にも「主人の具合が悪くて」「子供が熱を出して」など看病を理由して飲み会をエスケープするという変化球もあります。
いずれも、あまり多用すると本当に心配されてしまうので、使い過ぎには注意です。

・「ダイエット中なんだ」
・「健康診断を控えているから」

体を理由にするには他にも、ダイエット中や、健康診断に備えて禁酒中という断り方があります。これなら、体調不良とは違い、相手に心配をかけないで断れるのが良いですね!

・「この後、運転しなくちゃいけなくて」
家に車がある人なら、運転を口実にお断りすのも自然です。「この後、車でお迎えがあるから、お酒はやめておくね」「その日は車で出かける予定があって・・・」といえば、無理にお酒を勧められたり、飲み会に呼ばれたりすることはまずないでしょう。
また、飲み会の会場まで実際に車で出かけてしまうというのも良いでしょう。

・「家族の予定があるから」
休日のパーティーなどに誘われた時は、「両親が来るから」「家族の法事があるから」など家族を理由にすれば、それ以上無理に誘われることはないでしょう。

・「仕事があるから」
・「金欠なの」
・「願掛けをしているの」

体調や家族を理由にして周囲の人に心配をかけたくないという方は、「この後、家で、持ち帰ってきた仕事を仕上げなきゃならないから・・・」や、「今月色々出費がかさんで、セーブしなくてはいけないの」という言い訳はいかがでしょうか?
変わったところでは、「今願掛けのためにお酒を断っている!」という言い訳も!クリエイティブに言い訳を楽しんでみてはいかがでしょう?

◇妊活中から始めたい、ノンアルコール生活!

今妊娠中・授乳中のママたちはもちろん、目下妊活中という女性たちも、アルコールが妊娠初期の赤ちゃんに与える影響を考えると、「安心な妊娠のために、お酒を控えてみようかな」と思われるかもしれませんね。
お酒は大好きだから本当は飲みたいけれど、ジュースでは物足りない…。そんな方たちにお薦めするのが、ノンアルコール飲料です!

でも、ノンアルコール飲料選びにはちょっと注意が必要です。
実は、日本の酒税法では、1%未満のアルコールを含んでいても、「ノンアルコール」との表記が可能です。もしそういう品をうっかり選んで数本飲んでしまえば、通常のお酒を1本飲んでしまったのと同じことになってしまいます!
ノンアルコール商品を選ぶ際は、アルコール0.0%あるいはアルコール0.00%という記載があることをしっかり確認しましょうね。

そこで、MELLOWがお薦めするのはネオブュル社のノンアルコール飲料。
真空アルコール除去装置を使い32℃という超低温でワインやビールを蒸留し、お酒が持つアロマやフレーバーを保ったままアルコールを0.0%に除きました。
なので、お酒らしい味わいと満足感はそのまま。
アルコールを控えなければならないママたちも、これでストレスなく我慢できそうですね!

【ノンアルコール・スパークリングワイン】
ベルギー大使館推奨!美味しいノンアルコールスパークリングワイン 
” デュク・ドゥ・モンターニュ “

価格:¥1,200(税抜) → クリックして商品を見る

ノンアルコールとは思えない本格的なワインの風味をもったノンアルコール・スパークリングワイン。飲めない方ご本人だけではなく、お酒が飲めるご家族と一緒にみんなで楽しんでいただくことが可能です!
高級志向のパッケージも、まるで本物のスパークリングワインを飲んでいる気分を味わっていただけます。

【ノンアルコール・赤ワイン】
ヴィンテンス メルロー

価格:¥1,200(税抜) → クリックして商品を見る

ベリー系の果実の香りとほんのりしたロースト香。フルーティさの中に、ほのかにタンニンとスパイシーさが感じられて、赤ワイン好きの方にも満足していただけるノンアルコール赤ワインです。

【ノンアルコール・ビール】
ビアー・デザミ0.0パーセント 12本セット

価格:¥7,500(税抜) → クリックして商品を見る

長年のノンアルコールワイン製造で培ったネオブュル社の脱アルコール技術を使い、ベルギーエールビールの味わいはそのままにノンアルコール化。
ビール本来の味わい、華やかなオレンジピールの香りはそのままに、アルコールを0.0%まで除去したノンアルコール・ベルギービールです。

MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!

ピノ・ノワール 製品

ピノ・ノワール/750ml

メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

本格0.0%ノンアルコールヴィンテンスピノ・ノワールワイン。ワインと同じ製法でアルコールだけを取り除いたノンアルコール・赤ワイン。
厳選されたピノ・ノワールのできたてのフレッシュさと、バランスのとれた果実味と華やかな風味が印象的なエレガントな口当たりの赤ワインです。

デュク・ドゥ・モンターニュ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ/750ml

カロリー / 
27kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。お酒が飲めない方や、妊娠・授乳中の方、ドライバーの方にも安心して楽しんでいただける商品です。

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ/750ml

カロリー / 
23kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや甘口
アルコール度数 / 
0.0%

本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。ロゼは、輝くようなサーモンピンクの愛らしい色合い。華やかなアロマの香りも豊かなエレガントな商品です。

ヴィンテンス・シャルドネ(白) 製品

ヴィンテンス・シャルドネ(白)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

ヴィンテンス・メルロー(赤) 製品

ヴィンテンス・メルロー(赤)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味 製品

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
30kcal (100mlあたり)
製造元 / 
STASSEN(スタッセン)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

緑豊かなベルギーの田園地帯で育てられたりんごを原料に作られたシードルを脱アルコールし、さらにみずみずしいもぎたてピーチの香りをつけた甘口のピーチ風味スパークリング です。

Thanks for your reading!