ノンアルコールワインを楽しむ皆様に。

   
2020/5/5 posted

外出自粛期のアルコール摂取は慎重に!今こそ活用したいノンアルコールワイン

   

  楽しむ・学ぶ

 

家にいなければならない機会が増えているこの頃。
運動不足や食べ過ぎによる体重増加、また、一日中幼い子供と家で過ごさなければならなかったり、一人の時間がない、または一人暮らしで孤独など、外出を控えることによるストレスの増大、病気への不安、将来の心配などで心が落ち込みがちですよね。
ついついお酒に手が伸びてしまうという方も多いのではないでしょうか?

今回は、不要不急の外出を避けなければならないこの時期を、お酒に過剰に依存しないで乗り切る対策と、そして自粛期にぴったりな体にやさしいノンアルコールワインのメリットをご紹介します。

◇世界的に酒類の販売量が増加中!

ニールセンの調べによると、パンデミックが始まって以降のアメリカでの3月下旬の酒類の販売量は、2019年度の同時期に比べ55%も増大したそうです。
中でも、オンラインショップでのアルコールの売り上げは空前の伸びを見せており、世界各国で外出禁止下での家庭でのお酒の消費量が増加していることがうかがえます。

◇流行のオンライン飲み会は節度が大切

レストランやバーはクローズしお酒を飲む場は減りましたが、それにとって代わり、外出禁止・外出自粛による対面のコミュニケーションの減少を補うように、SNSのビデオトーク機能を利用したOnline Happy Hoursと呼ばれるバーチャル飲み会を開く人たちが出現。世界的なブームになっています。
日本でも最近、ZOOMやライン・FacebookなどSMSのビデオトーク機能を使った飲み会が流行にしていますよね。

ストレス解消や気分転換に効果的な仲間とのビデオトークですが、お酒を飲みながらとなると注意が必要。
外で飲む場合、お店の閉店時間や終電を気にしたり、酔っぱらいすぎて帰れなくならないように注意するため、過剰な飲酒をしないよう自制心が働きますが、自宅で飲む場合はついお酒の量が増えがちです。
また、終わりの時間が決まっていないためダラダラと飲み会が続いてしまい、結果的に沢山飲んだり食べたりしてしまうことも。
オンライン飲み会には、終了の時間を決めたり、飲む本数に注意を払うなど、節度をもって臨むことが大切です。

◇テレワーク移行、生活リズムの変化で飲酒量増大の危機!?

仕事がテレワークに切り替わった方も多いと思いますが、それに伴って聞こえてくるのが「自宅で飲む機会が増えた」「お酒の量が増えてしまった」という声。

これまでなら「仕事を終えて自宅に帰り、ほっとして晩酌タイム」というパターンだったのが、テレワークに切り替わったことで通勤時間がなくなったため、私生活と仕事の境目が消失し、生活リズムが狂いがちです。
それにより、仕事が終わってすぐ早い時間から飲み始め、結果的に普段はビール1本で済むところを2本・3本と開けてしまうなど、日頃より多くのお酒を摂取してしまう傾向があるようです。

◇ストレス解消、アルコールに頼りすぎるのは危険

また、4月半ばにはWHOが、一日中家で過ごさなければない環境での飲酒は、アルコールへの依存や、体への悪影響、免疫力の低下、そして家庭内暴力など引き起こす恐れが高まるということで、各国政府にコロナ渦でのアルコール摂取を減らすための対策をするよう促しています。
ずっと家族と一緒でイライラする、あるいは、一人暮らしで孤独など、外出を控えることによるストレスの増大や、感染への不安や将来の心配などが多い時期ですが、ストレス解消や気分転換をアルコールに頼らないように普段以上に気を付けることが大切です。

また、「アルコール度の高いお酒を飲むことで、体内からウイルスを消毒できる」など、SNSなどで拡散される根拠のないコロナ対策に振り回されるのもNG。
デマに惑わされないよう、しっかり情報の出所を確かめましょう。

◇健康的な飲酒量を知ろう

ちなみに、厚生労働省の定義では、1日の適切な飲酒量は純アルコール量に換算して20グラム程度。これは、ビールなら中瓶・またはロング缶1本、清酒なら約1合、ウィスキー・ブランデーはダブル1杯、ワインなら1.5杯程度の量です。
おそらく、一度に飲む量はこれよりはるかに多いという方がほとんどなのではないでしょうか。

また、女性は体が小さい分肝臓も小さくアルコールの分解に時間がかかるため、量を控えめにするのが良いといわれています。
代謝が下がる高齢者も同様。加えて、週二回以上の休肝日をもつことが勧められています。
自分の体格や体調に応じて無理のない量のお酒を摂ることが大切なのはもちろん、ストレスや生活リズムの変化から飲酒の機会が増えている時期だからこそ、過剰な飲酒をしないよう注意を払うことがとても大切ですね!

◇レコーディング飲酒のススメ。運動や瞑想でストレス解消も

では、具体的にはどのようにして飲酒量に気をつけていけばよいのでしょうか?
これにはアルコール依存症・依存症予備軍の患者さんを治療する専門施設で行われている、毎日の飲酒量を記録する「レコーディング禁酒」方法が参考になります。
これは、純アルコール10グラムを含むアルコール飲料の1ドリンクとカウントし、自分が飲んだ量をドリンク単位に換算して、手帳などに毎日記録するというもの。
例えば、ビールのロング缶を2本飲んだ場合、純アルコール量は一缶20グラム×2=40グラムの摂取となるため4ドリンクとなります。

以前に、食べたものを記録するだけで体重が減るという「レコーディング式ダイエット」が流行りましたが、いわばこれはそのアルコール版。
毎日の飲酒量を意識的に把握することで、ガマンして減らそうとしなくても、自然に飲酒量が減っていく傾向があるそうです。専門施設の研究では、この方法で飲酒量をほぼ半分にまで減らすことにも成功しているそう。なかなかお酒を減らせないとお嘆きの方は試してみる価値がありそうですね。

なお、お酒の代わりのストレス解消法として、効果が期待できるのが運動です。
一定のリズムを繰り返す運動は脳内ホルモンであるセロトニンの分泌を促しますが、セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれるほどで、精神を安定させる働きがあります。
おすすめなのは、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど一定のリズミカルな動作を繰り返す運動。家の近くをウオーキングしたり軽いランニングするのは、体力維持のためだけでなく、ストレス解消にも役立ちます。
一定のリズムで呼吸を行うことも同じような効果があるので呼吸法もおすすめですよ。

また、不安感が強い人には瞑想がおすすめです。
習慣的に瞑想を行うと、脳で感情の処理をつかさどる扁桃体という部位が小さくなりますが、これにより、恐れ・不安やイライラを感じにく脳の構造に変化がもたらされると言われています。
このように、お酒に頼らないストレスの解消方法を工夫してみると良いですね。

◇ノンアルコールワインは外出自粛期の味方!

また、普段より飲酒に対して注意を払う必要のあるこの時期、積極的に活用したいのがノンアルコール商品。

近年のノンアルコール飲料ブームで各メーカーが商品開発を工夫したため、最近のノンアルコール商品は味わいもかなり良くなり、満足度が高い商品が多数発売されています。
全てをノンアルコールに切り替えなくても、例えば1本目は本物のアルコール入り商品を飲んで、2本目以降はノンアルコールにするなど、工夫して利用することで、満足度を損なわないでアルコールの摂取量を減らすことができますよ。

また、ノンアルコール商品はアルコールを含まない分、低カロリーなのも魅力。
例えば、ビールの場合、アルコール入りの商品のカロリーが350 ml缶あたり約150キロカロリーなのに対し、ノンアルコールビールのカロリーは銘柄にもよりますが、40~70キロカロリー程度。

では、ワインではどうでしょう?Mellow Storeで販売中のノンアルコールワインの例では、通常のスパークリングワイン1杯(120 ml)が約120キロカロリーなのに対し、ノンアルコール・スパークリングワイン “デュク・ドゥ・モンターニュ” なら1杯約33キロカロリーと、ノンアルコールの場合、アルコール入りの商品と比べると1/4~1/3程度のカロリーとなります。
外出自粛が続き運動不足になったり、ストレス食いから体重増加が心配という人の、心強い味方になってくれそうですね!

ノンアルコールワインはMellow Storeで販売中ですので、是非ご覧になってみて下さいね。

MELLOWは本格ワインのノンアルコールワインをオススメします!

ピノ・ノワール 製品

ピノ・ノワール/750ml

メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

本格0.0%ノンアルコールヴィンテンスピノ・ノワールワイン。ワインと同じ製法でアルコールだけを取り除いたノンアルコール・赤ワイン。
厳選されたピノ・ノワールのできたてのフレッシュさと、バランスのとれた果実味と華やかな風味が印象的なエレガントな口当たりの赤ワインです。

デュク・ドゥ・モンターニュ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ/750ml

カロリー / 
27kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

ノンアルコールなのに、まるでシャンパンの味。本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。お酒が飲めない方や、妊娠・授乳中の方、ドライバーの方にも安心して楽しんでいただける商品です。

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ 製品

デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ/750ml

カロリー / 
23kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや甘口
アルコール度数 / 
0.0%

本物のワインを醸造後、独自の脱アルコール製法で仕上げた本格的な味わいのノンアルコールスパークリングワイン。ロゼは、輝くようなサーモンピンクの愛らしい色合い。華やかなアロマの香りも豊かなエレガントな商品です。

ヴィンテンス・シャルドネ(白) 製品

ヴィンテンス・シャルドネ(白)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ブルゴーニュ地域を代表する品種のシャルドネを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。シトラスの香りと複雑味のある豊かな味わいをお楽しみいただけます。鶏肉などの白身肉や魚の料理と相性がよいタイプです。

ヴィンテンス・メルロー(赤) 製品

ヴィンテンス・メルロー(赤)/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
20kcal (100mlあたり)
メーカー / 
 NEOBULLES(ネオブュル)社 ベルギー
味わい / 
やや辛口
アルコール度数 / 
0.0%

ボルドー地域を代表する品種のメルローを使用しています。ブドウの品種にこだわり醸造したワインからアルコール分だけを取り除いたノンアルコールスティルワイン。フルーティーながらコクがあり、ブルーベリーの風味も感じられます。赤味の肉やチーズと好相性です。

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味 製品

ノンアルコール・フルーツ・シードル ピーチ味/750ml

※ボトルデザインをリニューアルしました
カロリー / 
30kcal (100mlあたり)
製造元 / 
STASSEN(スタッセン)社 ベルギー
味わい / 
甘口
アルコール度数 / 
0.0%

緑豊かなベルギーの田園地帯で育てられたりんごを原料に作られたシードルを脱アルコールし、さらにみずみずしいもぎたてピーチの香りをつけた甘口のピーチ風味スパークリング です。

Thanks for your reading!